■お着物のクリーニング

着物好評.png

大切なお着物のクリーニングは

北川クリーニングにお任せください!

 

日本の四季それぞれの美しい着物文化を大切にされるお客様のために、当店は和装一般のクリーニングやメンテナンスを通してサポートいたします。

 当店には繊細なお着物の生地や風合いを損ねることなく洗い上げる着物専用の洗いコースがあり、ご利用になった多くのお客様からご好評を頂いております。

 

北川クリーニングでは、お客様の大切なお着物を可能な限り綺麗にクリーニングして差し上げたいと、溶剤の浄化装置(県内には数少ない蒸留機)を設置しています。

 

仕上りのキレイなクリーニング店をお探しの方へ

 

一度使用した洗浄液はその蒸留機に通して濾過することによって汚れが取り除かれ、また元の透き通った綺麗な状態に戻ります。

 

洗浄液は毎回新品のような状態なので、他の着物の色がお客様の着物に移ることはありません

 

この工程があることで料金的にはその分お高くなりますが、大切に思われるお着物にはきっとご満足いただける洗い上がりになることをお約束します。

 

kimono3.jpeg

 

北川クリーニングの美しい仕上がり、5つのポイント:

  • 丁寧な取り扱い: 着物は日本の伝統と美しさが詰まった特別な衣装。私たちはその価値を理解し、繊細な手仕事でクリーニングします。
  • 豊富な経験: 長年の経験と知識を活かし、着物に特有の素材や刺繍、飾り、そして染料の特性に配慮したクリーニングを行います。
  • 透き通った洗浄液:洗浄液は浄化装置 (蒸留機) を通ってきれいになった状態のものを使用し、着物専用のネットに入れて1点洗いをします。
  • シミ抜きのプロ: 着物にできてしまったシミもおまかせください。専門のスタッフが丁寧にシミ抜きをし、最良の状態でお返し致します。
  • 迅速な対応: 大切な行事やイベントに間に合わせたい方には、迅速なクリーニングとお渡しを心掛けています。 

 

 

当店のお着物専用洗いコースのプロセス

  • お預かり時にお着物の状態をスタッフが念入りにチェックし、シミ抜きが必要かどうか、また仕上がるまでの期間や費用などについても事前にご説明します。
  • 心配な点がある場合には、その内容をお伝えください。
  • お預かり後に、もしシミが見つかった場合にはその旨のご連絡を差し上げます。同時にシミ抜き代金の見積もりもお伝えします。
  • 着物専用の洗いコースで着物全体をクリーニング(=丸洗い)します。
  • 洗うサイクルが終了したら、洗浄液が完全に抜け切るまで乾燥させます。
  • 長年の経験がある職人が洗い上がりの状態をチェックした後、丁寧にアイロン掛けをして仕上げます。
  • そのまま箪笥に入れてしまって頂ける長期の保管に適した「たとう紙」に入れてお返しします。

 

 

kimono1.jpeg

 

 

着物のクリーニングは着用ごとに必要?

 

結婚式や七五三、はたちの集いや習い事のお茶や演奏会などでお召しになったお着物は、

  • 着用時間が短いから
  • シミがついていないから
  • 目立つ汚れがないから

等の理由で、お着物をそのまま箪笥にしまってしまうことはおすすめできません

 

お着物を美しいまま保管したいとお考えであれば、着用したのが仮に1日だけであっても、クリーニングをお勧めします。今はシミや黄ばみがなくても、保管中にこれらが現れる可能性があるからです。

 

また、ご家庭でのシミ抜きやお手入れは細心の注意をはらって行って下さい。シミを取ろうと思い、輪ジミになったりお着物を痛めてしまう可能性があります。これからもずっと大切にされたいお着物は、クリーニングして綺麗にした状態で保管することで、安心感が得られます。

 

 

当店の着物のクリーニング料金(令和6年1月現在)

 

 

  料金(税込)

 訪問着

      9,900円 〜

 振袖

  13,200円 〜

 留袖

  13,200円 〜

 単衣

    7,700円 〜

 長襦袢  

    3,740円 〜

 浴衣

    1,210円 〜

 

袋帯、名古屋帯、半幅帯、浴衣帯、袴、羽織、道行、着物コート、絽、紗、半襟、伊達襟、帯締め、肌襦袢、足袋もクリーニング承ります。

 

きもの4.jpeg

 

着物の洗い方の名称とその歴史

 

当店の着物クリーニングは一般的に「丸洗い」と呼ばれている方法と同じです。

 

古くから行われてきた「洗い張り」は、着物をほどいて反物の形にして洗うやり方で、洗った後にまたご自分で仕立てられる方、あるいは仕立て職人に依頼される方でないと難しい方法です。(最近はめっきり少なくなりました。)

 

「洗い張り」は費用がかかる上、元通りになるまで長い日数がかかるので、着物の汚れた部分だけを洗ってほしいとお持ち込みになるお客様も少なからずいらっしゃいました。

 

しかし、そうすると生地の状態にムラができ、保管している間に他の部分にシミが浮き出たり、黄ばみが生じたりとあまりお勧めできない方法でした。

 

近年、クリーニング技術が発達したおかげで、着物をほどかず洗浄機に丸ごと入れて洗う「丸洗い」と呼ばれる方法が一般的になりました。

 

これは、他の衣服のクリーニングと基本的には同じですが、繊細な着物の生地を傷めない上質な洗浄液を使用しています。

 

 

kimono2.jpeg

 

 

 

お客様の声.png

 

💒 射水市 U. K.様

 

着物クリーニングを以前は近くのクリーニング店にお願いしていましたが、先日そのお店が廃業され、困っていたところ、ネットで北川クリーニングを見つけました。

 

その後、お稽古事の先生からご自身も北川クリーニングにお着物のクリーニングを依頼されていることを伺い、更に安心してお任せできるようになりました。

 

💛  富山市 S. M.様

着物のクリーニングやシミ抜きをどこに頼んだらいいのかわからないまま時間だけが過ぎていき、困っていました。

 

最近ようやく北川クリーニングに頼めることを知り、クリーニングとシミ抜きをお願いしたら、(時間が経っていたせいで)シミ抜きと合わせて2万円近くかかるかもしれないと伝えられました。

 

お店で仕上がった着物を見てみると、いくつかあった古いシミのうち、完全に落ちたものとそうではないものがありましたが、着物全体がきれいになったので満足でした。

 

支払いの際、シミが完全に落ちきらなかったからと、シミ抜き代を見積りより安くしてくださり、とても嬉しかったです。

 

 

 

最後に、ご一家にとって大切な振袖のクリーニングを当店に依頼されたT様のエピソードをご紹介いたします。

 

 

T様のお嬢様は先日、お母様が約30年もの間大切にされていた振袖を着用されました。

 

この振袖は、T様がまだ娘時代に、ご両親が娘さんを連れてはるばる京都までお出かけになり、お買い求めになったものだそうです。

 

T様のお父様は普段ご家族と一緒に買い物や行事などにお出かけになることはなく、T様の記憶ではそれが最初で最後の家族揃っての買い物だったそうです。

 

お父様がお選びになっていた京都の呉服店で、T様のご両親はおふたりともが同様にお気に召した美しい振袖と西陣織の高級な帯をT様のためにお買い求めになったそうです。

 

T様の記憶ではご両親の意見が一致することは珍しく、この時はビックリされたそうで、お父様がお亡くなりになった今でも鮮明に覚えている大切な思い出なのだそうです。

 

 

 

先日のこと、T様のお嬢様が振袖を着て写真を撮る際、新作の中からご自身が気に入る振袖を選ぶこともできる中、お母様が長らく大切に保管されていた振袖をお召しになろうと決めました。

 

富山大和で着物フェアが開催されていた折、お嬢様に合わせた半襟や帯締めなどの小物を買い求めるために、振袖と帯を持ってお出かけになりました。

 

偶然、京都からお越しだった有名な着物作家さんがT様の振袖を見て、自分の作品だと仰ったとのこと!

 

それはその作家さんのご活躍初期の作品であったそうです。T様は30年前のお父様のお計らいに深い愛情を感じたそうです。

 

どこへも一緒に行くことのなかった父が家族を連れて遠路はるばる京都まで足を運んで振袖を選んでくれた事、そしてずっと感動を与え続けることのできる振袖を選んでくれた事に深く感謝されています。

 

T様はお父様が孫やT様のために天国からサプライズで送ってくれたのではないかともおっしゃっていました。

 

この長い逸話をお伺いした後でこんなメッセージをいただきました。

 

「それほど思い出の詰まった大切な着物だから、北川クリーニングさんにお願いしたい!」 

 

皆様、どうも有難うございました!